インタビュー冊子『学生が聞いた 川内・小高・大熊』を発行しました。

「むらの大学アーカイブ・プロジェクト」2024ダイジェスト版 発行

全学類の1年生を対象とする授業「むらの大学」では、「住民の方へのインタビューとアーカイブ化」を今年度の活動テーマとして、原発事故によって避難を余儀なくされた地域(川内村、南相馬市小高区、大熊町)へ繰り返しフィールドワークを実施し、インタビューをまとめた冊子とWebアーカイブの作成に取り組みました。
2024年2月7日(水)、それぞれの地域を担当した学生によって冊子発行についての発表が行われました。(※ダイジェスト版冊子をご希望の方は復興知事業事務室(ふくしま未来学事務局)へお問い合せください。)

★インタビュー全文掲載記事をご覧になりたい方は、画像をクリックのうえ「地域×データ」実践推進室 HP, Archiveページへ(地域の方々による数々の貴重な体験が記されてあります。)